ダイエット時の間食

ダイエット時の間食には何がおすすめ!?

ダイエット時の間食には何がおすすめ!?

 

 

ダイエット中でも間食OK!そう聞くと
「ホントなの?」と思う方もいらっしゃるかもしれません。

 

 

ですが、やみくもにダイエット中は間食NGと思って我慢しすぎるよりも、
上手に間食したほうがずっといい結果になりやすいんですよ。

 

 

ここではダイエット時の間食のメリット、選ぶ基準についてと
おすすめの間食を紹介したいと思います。

 

 

間食の3つのメリット

 

 

間食というと、ダイエットにマイナスなものととらえられがちですが、
上手に間食することにはメリットもあります。

 

 

@まず、ダイエット中でも、ほどよく間食でおなかを落ち着かせておくことによって、
次の食事での食べ過ぎを防ぐ効果があります。

 

 

A次に、強い空腹感を感じ続けると体は栄養を吸収しやすくなりますので、
結果的に太りやすい体質になるってしまうのですが、間食にはその体質変化を防ぐ効果があります。

 

 

Bさらに、カロリーコントロールが必要なダイエット期間中に、
間食はちょっとしたストレス発散になり、精神的なコントロールがしやすくなるというメリットがあります。

 

 

ダイエット時の間食の選ぶ基準

 

 

カロリーは100キロカロリー程度に抑えること。

 

 

これが一番重要なんです。

 

 

それ以上のカロリーを日常的に間食で取ると、
食事でのカロリー調整ができずにカロリーオーバーになってしまいます。

 

 

つまり100kcalの範囲内であれば、基本的に
いつ、どこで、何を食べてもいいということになります!

 

 

ダイエット時の間食は何がおすすめ?

 

 

では具体的に何を食べれば良いか?
ですが、おすすめをいくつか紹介してみましょう。

 

 

フルーツ

 

 

まずはフルーツが挙げられると思います。

 

 

大きさによって前後しますが、りんご中1個は約140キロカロリー、
いちごは10個で50キロカロリー、みかんは1個で45キロカロリーです。

 

 

100キロカロリーだと、

 

・いちご20個

 

・りんご3分の2

 

・みかん2個

 

と考えるとどうですか?
満足感を得られそうな気がしないでしょうか?

 

 

ビタミンや食物繊維なども豊富なので、ダイエットにも良いのです。

 

 

ヨーグルト

 

 

 

 

次に、ヨーグルトなどでカロリー表示があるものを利用するのも良いでしょう。
コンビニで売っているカップのものは60kcalですので1個半が限度と言えますね。

 

 

こんにゃく、寒天、ところてん

 

 

こんにゃく、寒天、ところてん、これらはカロリーがほぼゼロなので
実質間食としてどれだけ食べても構いません。

 

 

ところてんダイエットなどもあるくらいですからね。

 

 

おすすめは糸こんにゃくのラーメンのマンナンラーマンというものが
あるのでそれを食べることで、カロリーゼロでお腹を満たすこともできます。

 

 

または寒天ゼリーやこんにゃくゼリーなどもあるのでおすすめです。

 

 

 

 

必ずダイエット時の間食は100kcalに抑えることを守りましょう!
ということでダイエット時の間食のおすすめでした。

 

 

以上ダイエット時の間食のおすすめでした!


ホーム RSS購読