授乳中のダイエット

授乳中のダイエットの注意点とポイント!

授乳中のダイエットの注意点とポイント!

 

 

授乳中にダイエット!と意気込む方は多いと思います。

 

 

それもそのはず、多くの方は、出産後には平常時よりプラスの体重となっているのです。

 

 

妊娠時に増えた体重は赤ちゃんを産んだからといって、
すぐに落ちるわけではありません。

 

 

授乳中は痩せやすいといいますが、実際はあとちょっとが戻らない!
と嘆く方は多いですよね。

 

 

ここでは、そんな授乳中のダイエットの
注意点と成功させるポイントについて知っておきましょう。

 

 

授乳中に絶対必要なカロリー

 

 

まず知っておきたいのが、授乳中のダイエットで
どの程度のカロリーを取って良いのか?ということ。

 

 

授乳に必要なカロリーは、概算で500キロカロリー程度といわれています。

 

 

つまり普段の体型維持+授乳によっていつもの生活よりも
500kcal多くカロリーを摂らなければいけません。

 

 

いくらダイエットと言えども、赤ちゃんに悪影響が出てしまってはいけませんので
絶対にいつもの食事+500kcalを摂取するようにしましょう。

 

 

成人女性であれば2000kcal必要とされています。

 

 

つまり授乳中の女性であれば2500kcalは絶対に摂取しなければいけません!

 

 

どこで差をつけるか?

 

 

カロリーは必ず2500kcal以上摂取しなければいけないとしたら
ではダイエットはどうすればいいかというと

 

 

炭水化物、糖分、油で差をつけるようにします。

 

 

同じカロリーの食べ物の場合には、
炭水化物や油分が多く含まれている方が太りやすいのです

 

 

ですので食材から見直してみることをおすすめします。

 

 

油分、糖分の多すぎる食事は避け、和食中心の献立にする、
クリームたっぷりの洋菓子よりは、あっさりとした和菓子やフルーツを選ぶ、

 

 

など、ちょっとした工夫をするだけで効果は表れやすいです。

 

 

最も効果的なのは低インシュリンダイエットです。

 

 

低インシュリンダイエットはインシュリンを抑えやすい食べ物で、
血糖値を低くすることで、インシュリンの分泌を抑制し、脂肪燃焼をすすめます

 

 

特にパンやお米は高インシュリンで、血糖値が上がりやすいので
カロリー消費が進まず、脂肪がつきやすいのです

 

 

ですから主食のパンや米、うどんを食べずに、玄米、そば、パスタに変えるのです。

 

 

またお米の量を減らして、カロリーはクリーム玄米ブランや
ソイジョイ(1本130kcal)などでカロリーを補うのも手です。

 

 

およそ2週間〜1か月で変化があるかと思われるので試してみてください。

 

 

授乳中の方は骨盤ダイエットもやってみよう

 

 

また授乳中の方はもしかしたら出産によって骨盤が
下がっている場合があり、それが体重増加の原因の可能性もあります。

 

 

骨盤を矯正する運動も合わせて行うようにしてみてください。

 

 

 

 

 

授乳中のダイエットのリスク

 

 

最後に、授乳中にダイエットをするなら、リスクについても十分知りましょう。

 

たとえば過剰なカロリーコントロールなど無理なダイエットをした場合、
体は本能的に、母乳に栄養を与えることを優先します。

 

 

そのため、抜け毛がひどくなったり、将来的に骨密度が薄くなったりといったダイエットのリスクがあります。
さらに、急激に体重が減ることによって、体が危機感を覚え、母乳が出なくなってしまうこともあります。

 

 

ですから授乳中にダイエットを行って、体調が悪くなったらすぐに
やめるようにしてください!無理は禁物です。

 

 

以上授乳中のダイエットの注意点とポイント!


ホーム RSS購読