夜バナナダイエット

夜バナナダイエットの効果と方法について!

夜バナナダイエットの効果と方法について!

 

 

ダイエット効果 

 

お手軽度 

 

継続期間 超短期型(1週間〜2週間) 

 

カロリー 1本 86kcal

 

 

夜遅い時間に食事をしてそのまま
眠ってしまうと太りやすくなると言われていますが、

 

 

これは、夜食事をしてその後すぐに眠ってしまうことで

 

内臓の働きが低下

 

   ↓

 

食事で上昇した血糖値がなかなか
下がらなくなってしまう

 

   ↓

 

脂肪が蓄積されやすくなる

 

 

からです。そこでこの方法を逆手にとり、
ダイエットに役立てるというのが夜バナナダイエット

 

 

バナナは豊富な栄養素を含んでいて
カリウムやペクチンなどもたくさん含まれているから、

 

 

血糖値が上昇してしまい、
脂肪が蓄積することを予防してくれます。

 

 

血糖値が上がらないことによって、眠っている間、
脂肪の燃焼が進むと言われているため、

 

 

夜バナナダイエットにチャレンジする人が増えています。

 

 

夜バナナダイエットの効果について

 

 

夜バナナダイエットの主な効果は上記したように

 

眠っている間の脂肪燃焼が進むことや、
必要以上に脂肪や糖分の蓄積をしないという部分になります。

 

 

さらにバナナに含まれるカリウムが眠っている間の
むくみなどを予防してくれるので、

 

 

寝起きにむくんでいて困るという人などには非常に向いている方法です。

 

 

また、バナナに含まれるペクチンは整腸作用を持っていて、
便秘の解消もしてくれます。

 

 

お腹の張りに悩まされてしまう人などは
夜バナナダイエットをすることで翌朝、

 

 

スムーズなお通じを実感することができるようになります。

 

 

夜バナナダイエットは夕食をとる時間が遅くなってしまっても、
バナナを食べるだけなのでカロリーを気にする必要もないし、

 

 

特に夜の仕事をしている人や、日頃忙しくてしっかり
夕飯を食べる時間がない人などは、チャレンジしてみると上手にダイエットすることができます。

 

 

夜バナナダイエットの方法について

 

 

夜バナナダイエットの方法は

 

 

夕食の代わりにバナナを1本から2本食べるだけです

 

 

朝食と昼食はいつもと同じように食べて良いとされています。

 

 

もちろんカロリーの過剰摂取には気を付けなければなりませんが、
ある程度バランスの良い食事を摂っていても

 

カロリーオーバーになってしまうことが少なく、
上手にダイエットにつなげることができます。

 

 

夜バナナダイエットをする際には必ず
一緒にコップ一杯のミネラルウォーターなどを飲むと良いと言われていて、

 

 

お水を飲むことにより体内の代謝が
さらにアップして翌朝のむくみの予防効果が高くなります。

 

 

しっかり噛みながらゆっくり食べることで、
お腹もふくれるし、そのまま眠ってしまっても

 

 

血糖値の上昇が抑えられるので、
1週間から2週間で3キロ前後痩せることができるし、

 

 

その後も太りにくい体をキープすることができます。

 

 

また他のダイエット方法と組み合わせることが
可能となっていますが、くれぐれも夜以外の食事に関しては、
栄養バランスをしっかりと考えながら行っていくようにしましょう。

 

 

以上夜バナナダイエットの効果と方法についてでした


ホーム RSS購読