ドライフルーツダイエット

ドライフルーツのダイエット効果と方法について!

ドライフルーツのダイエット効果と方法について!

 

 

ダイエット効果 

 

お手軽度 

 

継続期間 1か月〜3か月

 

カロリー 1個100g 235kcal

 

レーズンやプルーンなどのフルーツを乾燥させて作られたドライフルーツは、フレッシュでみずみずしいフルーツと比べると、バッグの中に入れて携帯しやすいですし、小腹が減った時のおやつとして食べることもできます。

 

 

このドライフルーツはおやつとして食べることと食事前に食べることで
ダイエット効果が非常に高いとされているんです。

 

 

ここではドライフルーツのダイエット効果とおすすめの方法を紹介したいと思います

 

 

ドライフルーツのダイエット効果

 

 

果物を乾燥させることによって水分だけが失われ、もともと含まれていた
ミネラル分や食物繊維、ビタミン成分はそのまま残っているのが、ドライフルーツダイエットの最大のメリットです。

 

 

ドライフルーツの食物繊維

 

 

ドライフルーツのダイエット効果は食物繊維によるものが大きいです。

 

ドライフルーツに含まれているのは水溶性食物繊維なのですが、
体内に取り入れることで、お腹の中で溶け出し膨らみだします。

 

これによって食事前に食べることで食事量を減らすことができるんです。

 

 

さらに腸内環境を整えてくれるため便秘を解消し
消化もスムーズに行ってくれるため、女性にはうれしい食べ物ですね。

 

 

ドライフルーツのダイエット方法について

 

@あなたにおすすめのドライフルーツ

 

 

ドライフルーツでダイエットを行う場合には、そのままスーパーで売られている
ドライフルーツを食べてもいいのですが、フルーツによって効果が若干違います。

 

 

高血圧が気になる方⇒イチジクがおすすめ

 

 

高血圧が気になったりや血液をさらさらにもしたいという方はイチジクのドライフルーツがおすすめとされます。イチジクにはカリウムが他のドライフルーツより多めに含まれていて、血液をサラサラに高血圧を抑えてくれます。

 

 

アンチエイジングもしたい人⇒プルーンかパイナップルがおすすめ

 

 

プルーンとパイナップルにはポリフェノールが含まれていて、抗酸化作用があります。
老化というのは細胞が酸化することで起きる現象ですので、プルーンを食べることで
抑えることができるためアンチエイジングも兼ねたい方はプルーンもおすすめです。

 

 

肌の乾燥を防ぎたい方⇒マンゴーがおすすめ

 

 

肌の乾燥はビタミンCによって予防、改善していくことが可能です。
そのためビタミンCを多く含んでいるマンゴーを取り入れることをおすすめします。

 

 

A食事前と朝食に食べていく

 

 

ドライフルーツダイエットは基本的に朝食として、そして昼食と夕食の前にに食べていきます。

 

 

昼食や夕食前に間食することで、お腹の中で膨れ上がり食べる量を抑えてくれます。
また栄養価が非常に高いので、朝食に食べてダイエットに取り入れていきます。

 

 

B食べる量について

 

 

商品によっては加工の過程で植物油や砂糖などが追加されていることもあるので、
食べすぎには気を付けなければいけません。

 

 

例えば、便秘解消効果の高いプルーンは、100グラム当たりのカロリーが235キロカロリー程度。

 

 

ダイエット中の人にとっては、かなり高めのカロリー量なので、この方法で痩せる場合には、
一回当たりに食べる量は80キロカロリー以内に抑えるように気を付けたほうが良いでしょう。

 

 

目安としては、お腹が減って間食に食べる場合には1回あたりに食べられるのは、
小さいプルーンなら10個から15個ぐらいです。

 

 

ノンオイルタイプ、ノンシュガータイプを選べば、もう少し多く食べることもできます

 

 

また朝食を食べる場合にはシリアルを食べるつもりで、片手で
手づかみできるぐらいの量のドライフルーツに牛乳をかけて食べるのが良いでしょう。

 

 

C継続期間

 

 

継続期間は1か月〜3か月とされます。

 

 

カロリーオフなどではないため、即効性はありませんが栄養を取り入れていき
着実に健康的に痩せていくのがドライフルーツダイエットです。

 

 

最近では、たくさんの果物がドライタイプとなって販売されています。
手軽においしく、しかも持ち運べるので是非試してみてはいかがでしょうか!


ホーム RSS購読